« 朝ごはん、食べないの? | トップページ | サントリー美術館「ロートレック展」 »

バートバカラックinパワースポット

Nec_0132

Nec_0131

東京国際フォーラムのガラス張りの建物の中に

「太田道灌」(江戸城をを築城した武将として有名)が

ホールAに向かって立っているの知ってます?

ほんとは江戸城(現皇居)を見据えているんですけどね。

この太田道灌の像が建っているあたりは東京でも有数の

「癒し」のパワースポットらしいです。

外にある大きな丸い石もパワーアイテム。

その視線の向けられたホールA  きのうは

バートバカラック and The Tokyo New City Orchestra

の公演がありました。

別にCDも持っていないし特別な思いがあるわけでもないのに

なぜか「行きたい」から「行かなきゃ」になって

当日券があるかもわからずとりあえず時間ぎりぎりに会場へ。

5階ですよ、5階。その最後列。

中央ホールステージにはThe Tokyo New City Orchestraが 音あわせをしています。

もうこれだけでうるうる。

下の子が吹奏楽をやっていた時の始まる前の

緊張感を思い出しました。

そして御大登場!

ことし5月で80歳とは思えないダンディぶり。

誰もが知っている曲をメドレーで。

ああ、だめだもう。

両方の目から流れ出してしまった。

なんだこの包まれるような感じは。

なつかしいといえばそうなんだけどわからない、なぜ涙?

なんだか全て受け入れてもらったようなここちよさ。

大きな手のひらに乗せてもらってあやされているような。

いろんなコンサートやライブをみたけれど始めてだこんなの。

バカラックの音楽がいつ自分にすり込まれたのか

70年代のアメリカを象徴する音なんだと思う。

映画「明日に向かって撃て」の「雨に濡れても」とか

カーペンターズの「CLOSE TO YOU」とか。

きっとその当時街中に流れていたんだと思う。

70年代はきっと自分にとって居心地のいい時代だった

のかもしれない。そのいい思い出。

トランペットがどの曲でもすてきに響く。

バカラックのトランペットの音はとても優しい。

それまでひどかった肩こりもなぜか軽くなり

「浄化」された気分です。

「愛に包まれた」素敵な二時間は涙がかわく間もなく

終わってしまったのです。

あのね、どれだけここちよかったかっていうとね

隣のひとりできていたお兄ちゃん、始まってからじきに ナント

寝ちゃったんです!

寝息が聞こえてきたんです。もったいないから 起こしてあげたかったけど

よけいなお世話かと思って黙ってました(笑)

それだけ何かものすごいパワーが国際フォーラムに

うずまいたのだと思います。

ああ、行ってよかった。

さすがパワースポット、効果絶大でした。

ライヴ・アット・ザ・シドニー・オペラ・ハウス  2008/11/5

追記*2012/9/14

こちらのCDはこの時のライブ内容とほぼ同じライブ盤だそうです

complete="true" />

|

« 朝ごはん、食べないの? | トップページ | サントリー美術館「ロートレック展」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

バートバカラックいいですね~
生で聴いたら泣きますね(;;)
私は生は無いですがCSのライブでも鳥肌が立ちました。
リアルタイムの世代ではないはずなのに、
絶対すり込まれてますよね。
羨ましいですわ~♪

投稿: emishing | 2008年2月21日 (木) 17:46

そうそう、すりこみ!!
自分の意思関係なく聞き込んでる音ってありますよね。
食べ物の味なんかもそうだよね。
「おふくろの味」とかさ。
人によって違うものだけど体の奥できゅん♪
ってなるもの。
バートバカラックはおふくろの味か(笑)

投稿: あまのじゃき | 2008年2月22日 (金) 12:34

浄化されたんだぁ。。。
なんだかスッゴイ有意義というか良い時間を過ごせたんですね!!

東京国際フォーラムがパワースポットとは知らなかった(@@;)
毎日の通勤で通っていたのに私には何にも感じることも無かったのは、受け入れ体制を持っていなかったってことかなぁ?

投稿: デブリット | 2008年3月 1日 (土) 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バートバカラックinパワースポット:

« 朝ごはん、食べないの? | トップページ | サントリー美術館「ロートレック展」 »