« バートバカラックinパワースポット | トップページ | 黄色・あずき・水色・あか »

サントリー美術館「ロートレック展」

Nec_0133 Nec_0134

六本木ミッドタウン

あの防衛庁跡地はこんなに変わっていたんだ。

六本木交差点アマンドから乃木坂へ向かう防衛庁のあたりは

華やかな街中とは対照的だった。    

大江戸線が直接乗り入れてる。

とても東京の真ん中とは思えないような光と空間の使い方

無機質な素材と自然のものが同じようにそこにある。

SHOP&レストランの棟 ここもとてもぜいたくな空間の使いかた

自然とゆっくり歩きたくなるような優雅なスペース使い

   

東京マラソンでにぎわっている街にでるのは少しためらいが

あったけれど今日の目的のひとつは赤坂見付から新しく移った

サントリー美術館での「ロートレック展」をみるため。

美術館があるのはこのSHOP&レストランの棟の3階

ロートレックの作品はリトグラフ(版画)がほとんど。

いわゆる印象派と呼ばれる時代ですね。

これだけの作品数を展示するのは近年なかったかも。

「アンバサドールのアリスティード・ブリュアン」

前回は新宿伊勢丹でみてそして今回26年ぶりに再会

大胆で大きな構図 パリきっての皮肉屋といわれた

シャンソン歌手を的確にあらわしています。

ロートレックは描く相手と信頼関係があって仕事を頼まれる

ことが多く、彼のコンサートのポスターはロートレックにしか

描かせなかったということです。

なので彼の描く絵は描かれる人の内面まで映し出し

女優さんによっては描かれたくない部分まで表現されて

しまうのでポスターができあがってから断られるということも

あったそうです。

わたしがロートレックの絵に惹きつけられる理由は

こういった魂のやりとりの部分なんだと思います。

    

なんだかんだ2時間もいました。

そしてこの後、あのコンサートへと息をきらすのでした。。。。

        いろんな人が集まってるのね。→ブログランキング・にほんブログ村へ

        ファイブスタイル ブログランキング   ← もっと素敵なあなたに・・・

   

|

« バートバカラックinパワースポット | トップページ | 黄色・あずき・水色・あか »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サントリー美術館「ロートレック展」:

« バートバカラックinパワースポット | トップページ | 黄色・あずき・水色・あか »