« 麻生太郎と「吉田健一」 | トップページ | なんで「伊勢」?Why「伊勢」? at名古屋&伊勢 -2/3 »

なんで「伊勢」?Why「伊勢」? at名古屋&伊勢 - 1/3

とにかくね、また雨に降られたんですよ。

曇り空ではあったんですが門前町のおかげ横丁を歩き始めて数分

「赤福」を通り過ぎるころには冗談ではない雨模様。

Nec_0058

五十鈴川の手前、大きな鳥居をくぐるころにはゆるく曲線を描く橋からの

すじができるほど流れてくる雨。

川面もたたきつける雨で波立つほど。

Nec_0059これは帰りの橋の上から。雨も止み,もやがかかってます。

砂利をふみつつ進む中、脇のおおきな木の陰で雨宿りする人々を尻目に

ガンガン進む私たち。

   

そう今回の旅はサッカー友達と 

『名古屋から「伊勢参り」二人連れ』 

   

大きな木に囲まれた広い参道も雨でけむり、そのうちわたしたちの進む前には

誰も見当たらなくなり、ひざあたりまでビッショリ。

もちろんスニーカーなんてちゃぷちゃぷいってる。

それでも途中にある立派な神木に感動しつつまだ参道を進む二人。

お清めの雨もこれだけ降っていただくともうどうにでもして!って気分です。

わたしたちはコレぐらいの雨にあたらないとお清めにはならないのね、きっと。

コレよりすごい雨、以前にもあたった二人なんですが。。。

それでもやっと内宮の正殿にたどり着いたころ、ナント小降りに。

     

「わぁ。。。・・」

ため息がでました。

Nec_0057_2

苔むした屋根、おごそかなたたずまい。

「やわらかい」懐深い大きな空気を感じたのでした。

*お写真は階段降りた下にて許されます。

    

申し訳ないけどホント今回の旅まで「伊勢神宮」になんの知識もなく

ご縁もなく今まで生きてきたのですが

なんで「伊勢」?  Why「伊勢」?

ですよね・・・

7/29日コレよりすごい雨にあたった後、ずぶぬれの相方から突然

「伊勢にお参りに行きませんか?」と。

わたくしなんのためらいもなく

「はい、よろこんで」と。

「このままでは日本代表やばいです。以前お参りしたお守りを新しくしたいので

願掛けに参りましょう!」

「それは、それは。ぜひ参りましょう」

なんなんだ、この二人。。。

あまりな企画、途中一度は行くことを保留にしたのですが

日本のサッカーに不満と不安を抱えたふたり、

結局珍道中を繰り広げてきたのでした。

実はわたくしここのところお伊勢さんが気になってしかたありませんでした。

(なんで?わかりません・・・)

そんな時に声がかかったので即答とあいなったわけであります。

    

相方から「お勉強するように」と渡された江原さんの本

江原啓之神紀行 1  伊勢・熊野・奈良 スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ Book 江原啓之神紀行 1 伊勢・熊野・奈良 スピリチュアル・サンクチュアリシリーズ

著者:江原 啓之
販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こんな雨にもかかわらず、参拝する若い女性の方を結構みかけました。

最近は江原さんの影響かな、神社めぐりがちょっとしたブームになっているようです。

みなさんきちんと礼節のあるお参りの仕方でしたから。

私利私欲は邪悪な神を呼ぶこともあるそうなので神様の前ではまず

『感謝』そして『宣誓』でしょうか。

日々の感謝をしてさらに自分がこれからどうするのかどうしたいのか

お伝えするといいんだと思います。

今回具体的にどう行動してきたのかはまた次回^^

ファイブスタイル ブログランキング    ブログランキング・にほんブログ村へ   Banner_03_5 

相方さんと記事内容ダブリますがまぁ、楽しんでねっと。^^  

   

   

|

« 麻生太郎と「吉田健一」 | トップページ | なんで「伊勢」?Why「伊勢」? at名古屋&伊勢 -2/3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんで「伊勢」?Why「伊勢」? at名古屋&伊勢 - 1/3:

« 麻生太郎と「吉田健一」 | トップページ | なんで「伊勢」?Why「伊勢」? at名古屋&伊勢 -2/3 »