« べジタリアン チョコクッキー by 西友 | トップページ | 時間過ぎてた・・・ »

「北欧、暮らしの道具店」さんの「クラシコムの蚤の市」in国立

わたしのブログの左にあるカレンダーのしたの「古いもの(家具)」の中の

国立の古家具屋 LET’EM IN さん情報なんですが

同じ国立で普段はネットショップの「北欧、暮らしの道具店」さん

蚤の市を開催すると、そしてLET’EM IN さんも参加されるという

ことなのでご紹介。

今月11月28日・29日の二日間、国立北口すぐの「北欧、暮らしの道具店」さんの

事務所で行われるそうです。

はじめてネットショップ拝見したんですが、とてもこころのこもる

ものを大切にしたいという気持ちが伝わってくるお店だなって思いました。

詳しくはブログをご覧になってください。

ここのブログのカテゴリーに「おにぎりカフェ体験記」があるんですが

あの「かもめ食堂」よりも先にリアルにスウェーデンでおにぎりカフェを

開いていた方がいらっしゃるんですよ。

まさに映画そのもの。

非常に興味深い内容です。一読あれ。

日本では何度かの北欧ブームがあるんですが、ごく最近ではこの

「かもめ食堂」で火がつきましたよね。

わたしもインテリアの勉強の最初は北欧家具、モダンリビングでした。

雑誌、カタログにトレーシングペーパーをかけてひとつひとつ代表作を

トレースしていく。

なんてシンプルなんだろうって思いました。

昭和の中ごろにはやった時、国産でも北欧テイストなものが

たくさん作られました。なので日本でも自然と暮らしになじんでいるのでしょうね。

ARABIAのマグカップが最初の北欧グッズだったかな。

焼き締めたような色具合がすてきでした。今はわけあって手元にはありませんけど。

あとはDANSKのちょうど15センチのプレートが欲しくてブルーのものを。

これは今でも使ってます。

Nec_0116_2 Nec_0117

      

なぜか、なつかしい気分になりました。    

ぜひ、蚤の市のぞいてみようと思います。

ファイブスタイル ブログランキング    ブログランキング・にほんブログ村へ   Banner_03_5

LET’EM INさんなんですけど、ほんとに不思議な空間なんです。

よくみるとバラバラなんですよ。置いてあるもの。

でもお店をひとつとして同じテイストがあるんです。

前にも記事UPしたけれどオーナーさんの感性なんでしょうね。

こちらもぜひ。

|

« べジタリアン チョコクッキー by 西友 | トップページ | 時間過ぎてた・・・ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

お店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「北欧、暮らしの道具店」さんの「クラシコムの蚤の市」in国立:

« べジタリアン チョコクッキー by 西友 | トップページ | 時間過ぎてた・・・ »