« 次の検診まで | トップページ | 柔軟剤のいらないふわふわタオル »

敬老会その後 ほっとした話

先週の敬老会の次の日、集会所のごみを出そうとしていたら

会に参加された方から

「よかったよ、たのしかったよ」って

きのうまとめた引継ぎの資料と市からいただける援助金のための

領収書などの提出物を会長へ

かえってきたメールには「たくさんの方からお褒めの言葉をいただきました」って

ほっとしました

実は前みたいにエネルギーがなくてやることはたいした事じゃなくても

気持ちを奮い立たせるのがけっこうきつくて

でもなんとか手違いもなく、無事おわったことだけでありがたかったのです

よかった、笑顔がみれて。

80代、90代の方も多かったので時間が短かかったのがよかった?

たいしたことやらなくても

おいしいものと少しのお土産

そして懐かしい話

この年代の方々は大変な時代を過ごして来て

青春時代なんてなかったかもしれない年代

もっと外にでておしゃべりする場所があってもいいんじゃないかと思います

昔でいえば軒先や縁側

高齢化が進む団地

今考えておかなければいけないんだろうな

将来の自分のために(笑)

  

ん~、でもずっとここにいないかも

野望はつづく・・・ふふふ

|

« 次の検診まで | トップページ | 柔軟剤のいらないふわふわタオル »

公営住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敬老会その後 ほっとした話:

« 次の検診まで | トップページ | 柔軟剤のいらないふわふわタオル »