« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

音楽ギフトカード、明日いっぱいで…

ツイッターでもつぶやいたんですが
明日8月31日いっぱいで使えなくなるらしいです
音楽ギフトカード

3月からもう販売中止だったらしい。ちーとも知らなかった

お持ちの方は明日中ですよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後でね って1週間たっちゃった^^ヾ

もう1週間前なのね、あの夏の日。。。

葉山の海、

2010年8月27日(金)  田島貴男(a.k.a. ORIGINAL LOVE)Solo Live@UMIGOYA

後でね

バス亭からすぐこの木立の中を抜けてこの先は海   

後でね

後でね

驚くことに20、ン数年葉山に来ていなかった

もっと広かったような気がしたけどとても懐かしい

浜はまだまだ暑く、家族づれがまだまだ夏を楽しんでいる

早めに行った私は隣のバス亭で降り、神奈川県立葉山美術館に

立ち寄った。少し景色を楽しんだりしてから海へ。

ゆっくりしすぎて後の後悔になるんだけどね。。。(笑)

始まるまで2時間ほどビールを飲んだりパエリアを食べたり

砂浜で遊んだり

思わぬ夏満喫だったのだ

後でね

後でね

会場のUMIGOYA

夕日を望む海に向かったステージ

18:00会場、18:30開演

この日200人以上のお客さんが入ったらしい

立ち見も

始まる前、ここまでは写真OKでしたので失礼して。

驚くほど近い。。。

田島さん、正直やりにくそうでした

視線どこにもっていこうい。。そんな感じ

でも目をつぶって歌っている姿もよしです

後でね

波の音と田島さんのギターがハモル

極上の幸せだね

みんな夢ごこちの顔してました

で、加山雄三の「海・その愛」ですよ

海よ~ 俺の海よ~♪

参りました。

  

この日はなんだか田島仲間さんともそうだし、田島さんともそうだし、

ほかの方々とも『海』を『同じ時間』を共有した感じがして

帰るときの月と星のかがやきがキラキラしたのでした

 

素敵な時間をありがとうございました

 

遠くから来た方々もお疲れさまでした

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海は確かに夏の終わり

海は確かに夏の終わり
海は確かに夏の終わり
確かに海は夏の終わり

今年は秋が短く早めに冬が来るという

それでも海辺の賑わいはそんなこと誰も心配などしていない

夏の終わり

| | コメント (6) | トラックバック (0)

電波時計

今朝遅刻した。。。

今のところに勤めて4年、初めてだ。

  

今朝はなにげにテレビつけたんです

そしたら小倉さんがしゃべってる。

えっ?

軽部さんじゃない。。大塚さんじゃない!?

  

あれですよ、あれ!

電波時計!

コイツを信用したわたしがおバカだった!

ちょうど一時間ずれてたのよ

遅れてね。

いつも暗いうちに一度目が覚めて

そのあとは時計みながらうつらうつらが常なんだけど

ああ、あと一時間。。。にしちゃ明るいなぁ。。。

なんて思ってたら

 

実はコイツ(電波時計)二度目!

電池のせいだと思って換えたんです

なのにってことはー!!!

 

何を信用すればいいんだ。。。

っておおげさだけど落ち込んだ

おかげで今も目はあかないし気持ちも晴れない

  

何信用する?

  

腹時計?

アナログすぎるだろ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今宵は満月

ベランダで髪を乾かしながら涼む

今宵は満月

きのうは雲に覆われていたけど今雲ひとつない

満月って地球が月と太陽の間に入り両方から引っ張られる状態

達成のエネルギーが満ちているんだって

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『夏好』

『夏が好き』

ったってほどがあるけどね、今年の夏

おとといはもうクーラーはいいだろうと北側のへやにねたら

ほとんど寝れず

熱帯夜復活してもーた

      

異常気象があちこちに悪影響を及ぼして災害が続いている

被害に遭われたかたのお見舞い申しあげます

 

なぜ『夏が好き』なのか考えてみた

  

小学校6年間は「前ならえ!」で私の前には誰もいなかった(笑)

小さくて特に目立つこともなく成績表に書かれる生活態度は

「もっと積極的に」が常

  

小学校にあがって検診でいつも結膜炎でひっかかって

みんなと学校のプールに入れたのは4年生から

級を表す水泳帽のラインが増え、水泳帽の色が変わり

卒業までには1級の手前、準1級

それはもう水を得た魚ってこのことだよね

でもそこまで

どうやってもチビで120センチなかったから25M潜水ができなかったの

それでも何もできなかった私が自信を持って過ごせたのが

『夏』

楽しい思い出だけが残ってる

だから暑くても平気

  

そんなに人間の脳って単純なのか?

  

だとすれば子どものうちに楽しい記憶がたくさんあれば

大人になっても苦にならないんじゃないか

今の子どもたちは皮膚に記憶する楽しいこと、できてるかなぁ。。。

手でさわってからだで感じているかなぁ。。

      

これからママになる人はベビちゃんたーくさんハグして

ベビちゃん、ベロベロなめちゃって(笑)

笑いかけて

笑いかけられたベビちゃんは笑うから

そんな子がたくさんいれば悪い空気は生まれないから

 

悲しすぎるニュースでちょっと思ったのでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HMV

きのう幕を閉じたようですね、HMV渋谷

20年だって。

田島さんの公開番組をみに行ったのが最初かもしれない

そして最後行ったのも持田香織ちゃんとCaoCaoとして

田島さんが出演していたJ-WAVEのグルーブライン

そこで偶然(笑)田島仲間さんに久しぶりにお会いして

帰りに一緒にご飯食べたりしてちょっと楽しい思い出が。

上にあがると洋楽雑誌がたくさんあってワクワクした

     

そうか、何か確実に変わってきてしまっていいるんだな

単に時代が変わったとは言い切れない何か

  

どう受け止めるのかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェルシーホテル

きっとチェルシーホテルに興味がない人がみたら

なんのこっちゃ?な映画なんじゃないかしら

ストーリーらしきものがあるようなないような

じゃぁおもしろくないの?

いえいえ

少なからずニューヨークにあるこのいわくつきのホテルを知っているひとなら

歴史を振り返るようにアート的でもあるこの映像を楽しめる

アンディ・ウォーホール、ボブ・ディラン、シド・ビシャスなど名だたる有名人が

宿泊していた2005年で100周年を迎えたこのホテル

実際の部屋での撮影

ニューヨークのリアル感が伝わります

監督は「リアリティ バイツ」では主演だったイーサン・ホーク

当時奥様だったユマ・サーマン(パルプ・フィクション)を起用しての作品

印象に残ったのはクラブ歌手役のジミー・スコット(ツインピークスにも出演)

     Jimmy Scott ジミー・スコット / All Of Me 【CD】

チェルシー・ホテルにいそうなんです

 

アメリカ映画にしては映像が暗いのですが含んでいるものが

このホテルの歴史とともに深いです

でもちょっとセンチメンタルかなぁ

今のひとには「詩」とか「物書き」とか芸術家の話ってピンとこないかもね

   

2002年8月公開

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弁当復活

弁当復活
はぁ〜
やっと夕べはクーラー無しで眠れた

ホットコーヒーも飲んだ

そして弁当復活!

時間有効である
子どもからは明日は作ってくださいとの申し出があったのでならばよろしいと用意した
やっぱりコンビニ行っても食べたいものがないんだってさ
弁当はお腹に優しい
もちろんお財布にもね
トマトはうちの子w

別なところでつぶやいたんだけどきのう夏の終わりの匂いがしたよ
おしろい花

暑い暑いって言っていたけどなんだか祭りの後みたいな気分
夏、好きだからなぁ…

今年はせみもなんだか大変そうだった
ラストスパート、がばれ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今ある幸せ  「好運なツアー A Piece of Luck」

RSRも無事終わり、夏休みに入ったらしい田島氏

ゆっくり充電してくださいませ

 

遅くなりましたが書いてそのままだったツアーの感想を。。。

 

「幸せ」というにはあまりある今回のオリジナル・ラヴ

「好運なツアー A Piece of Luck」

とにかく田島さんから伝わってくる充実感がわたしたちを幸福にした

個人的なメッセージを感じずにはいられなかったけれど

確かに田島さんが上を向いていることを感じられたツアー

前回の「 Holeshot Tour 」はロック(ニューウエイブ)ベース

今回の「好運なツアー A Piece of Luck」はJAZZベース

一曲目から「ミリオン・シークレッツ・オブ・ジャズ」ですから

往年のファンにとっては心酔もの

最終日AXはフォーマルで他3回はカジュアルに感じられた

いつも最終日しかみられなかったわたしは他の公演のうわさは聞いていたけど

なるほど、コレか。

旅先では解放されるのと同じで田島さんも何か自由になれるのかも

東京では知り合いも増えるし、一応格好整える気がまわってしまうのかな

それはそれでまた違う一面がみられて両方みることができた今年は

「幸せ」すぎる

選曲にもよるのだろうけどほんととても声がよく出ていて

「楽しい」の一言につきる

細かい田島氏の諸動作(笑)は他のかたのブログで確認していただいて

渋谷クアトロのMCのことを少し

中学生でバンドを組んだけど3年生で自分が福島へ引越しが決まって結局ライブ

できなかったこととか、ポリスのライブにものすごく衝撃を受けたこととか

前にも田島さん話したことがあるのでよっぽど記憶に刻まれているらしい

ポールマッカトニーが初来日で入国までしてツアーキャンセルになって

大騒ぎした時のこととか

中学生だった田島氏はあのビートルズのポールがやって来るというので

やっと手に入れた高額チケットだったのにダメになり、

代わりに当時ビートルズの再来!なんて言われた「マイ・シャローナ」が超有名な

「ザ・ナック」の公演に行ったなんて話を。

私もまったく同じでつい先日神楽坂浮遊散歩をした友人が当時取ってくれた

貴重なポールのチケットをわたしはキャンセル!して

田島さんと同じく「ザ・ナック」の東京公演へ

友人は確か記念にチケット、キャンセルしなかったんじゃないかな。

わたしはチケットのコピーぐらいはとったような。。

 

えへへ、レコードまであるのよ、うちに。

Knack

ボーカルのダグ・ファイガー、今年のバレンタインデーに亡くなってしまった。

2005年のフジロックに来日している。TVだけど懐かしすぎる声を聞いた。

背の高いボーカルに弱いわたし

 

ついでに田島さんつながりのレコードをもう一枚

2008年11月になんと初来日だった

       「The Who」

Foo

ほぼ日のインドから帰ってきたばかりのころ、Tajima’s Voiceで

「何十年も同じ曲を演奏することで、曲もバンドメンバーも熟した美味しい味が

出てくるのだな。The Whoでじわっとくるとは思ってもみなかった。」

ってライブに行った感想書いてましたね

ターンテーブルにのせてみたらイギリスが聞こえてキター!

あまのじゃくな音がしてきました(笑)

 

今さらながら

あの名曲とともに送る
田島貴男の
オレのニュース
総集編

をみると涙が出そうになる

いや出た(笑)

なんなんだ、この男は。

音楽を飛び越えていきそうな勢いだ

稀有な存在だな。。。

 

あらためて田島貴男という存在が人生の中にある幸せを

かみしめたのであります

 

この人が元気で本当にうれしい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

考えちゃう時間

パソコン壊れて早1ヶ月

家族に借りるのもメンドー

ソファに寝転んで本を手に取るも集中できず

すると天井向いてあれこれ考え始める

 

友人と神楽坂を浮遊しながらいろんな話をした

なんと人によって見方、聞き方、感じ方の違うことか。

そして「感情的」というこのことの難しさ

友人は押し殺すかのように「感情」を理性でコントロールするのだという

私はもともと感受性で生きているようなものだから普段コントロールしているけど

ときおり噴出する

子どもに言わせるとわたしはヒステリーだって(笑)

一年に一度ぐらい爆発(照)

それは体調だったりやはり抱えてるものの重さだったり

普段言いたいことを飲み込んでしまっているのも原因だったりする

悲しみが怒りになってしまうときがやはりあるのだ

悲しみなのだ

映画「ホノカアボーイ」をみたときにブログに感想をかいたのだが

一晩たって読み返して削除した

友人はハワイフードと主人公の少年の思い出の映画として受け取ったという

少しハワイの空気を知っていた私はビーさんという助演女優の

倍賞千恵子さんに感情移入

感情がピーンと尖がってしまった

まだそのときは映画がみれる状態ではなかったのね、きっと

いきなりこころに入ってくるからね、「感情」ってやつは。

ああ、今ならもう少しストーリーが追えるかもしれない。
      

子どもにも言われることなんだけど、

そんなに「感情」の振り子を振り切ってはいけないって。

他の可能性を打ち切ることになるからって。

陰があれば陽がある

今はかなりそれは心得られるようにはなったけど

それでもとてつもなく悲しいときはやってくる

だから美しいもの、楽しいもの、すてきなものを

身の回りに置くべきなのだ

元気な人のそばにいるべきなのだ

べきって言うときついかな

でもまだそんな段階(笑)

いつになるかな、わたしが元気をあげられるようになれるのは

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鎌倉「R」さん 明日から神楽坂

先日神楽坂に行った時にギャラリー「坂」さんのぞいたら

今日までお休みの張り紙

明けて「R」さんの展示だったのかぁ

   

お知らせ
Rと坂、恒例の企画展「ふるいもの・いろ・いろ」のお知らせです。
2010年8月19日(木)~30日(月) 8月25日(水)は休廊
11:00-19:00 (最終日は16:00まで)

gallery坂

椅子好き神楽坂にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神楽坂の続き

去年入院した時同室の「奥様」に神楽坂を特集した雑誌を貸してあげたら

「ここはおいしいのよ、ここもすてきなのよ」

と地図に○をつけてくれた

ランチしたお店も○がついていた

参考までに○がついていた店

「紀の善」甘味処

「鳥茶屋」親子丼


「二葉」おすし(雑誌によるとばらずしがいけるらしい)

「一邑」いちむら和食

どこも品の良さを感じるお店のようだ   

ちょっと脇道に入ると不思議空間が広がる神楽坂

アインスタワーの向かい、saryo神楽坂を通り過ぎて左に曲がったところに

飯田橋から神楽坂

なにやら不思議な空間が現れる

雑誌ではみたことがあった

まんじうカフェ MUGIMARU 2

飯田橋から神楽坂

写真を撮ろうとしてたらお店のお兄さんがピースサイン

一度は通り過ぎた私たち

もどってコワゴワ(わくわく)入ってみるとお兄さんが

「いらっしゃい」って

頼んだのはお饅頭がついたカキ氷スペシャルプレート

あずき、抹茶、パイン、黒蜜に練乳がかかった氷

黒糖まんじゅうやさつまいも、紅茶まんじゅうなどなど

1個140円 お持ち帰りあり

あんこ、舌応えがある手作りな味

わたしの好きなつぶあん。美味。

でもなんで饅頭売ってるんだろう

せまーいキッチンでセイロが湯気あげてるの

暑いよね、お姉さんも頭にタオル巻いてました

ごちゃごちゃしてるんだけどミョウに落ち着けるお店

カキ氷の写真撮ってたら

「とけるよ〜^^」

ってお兄さんが。

お兄さんのまったり感がお店をつくっているのかしらね

友人はこのお兄さんのゆるりとした感じが気に入ったようでした

飯田橋から神楽坂

神楽坂って独特の時間軸があるみたい

いつも夕暮れのようなかんじ

     

その後神楽坂上の交差点にある山下漆器

マイ弁当箱はここで買ったもの

今日は椀を。

本当はコレの5倍はする朱の塗りものが欲しい

けどとりあえず自分の日常使いをひとつ

飯田橋から神楽坂

  

気がついたらもう夕暮れ5時半

ずいぶんとたくさん歩きました

お盆の中日

あてのないぜいたくな時間

去年一緒にただただ海だけを見に行った長いつきあいの不思議な友人と

なんかね、路地から狐が出てきそうな

神楽坂という摩訶不思議な空間をふたりで浮遊したのでした


| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯田橋から神楽坂

飯田橋から神楽坂
   
飯田橋から神楽坂
   
飯田橋から神楽坂
   
「蓮の花?」
友人からのお誘い
小石川後楽園
朝一番に到着。もう花はほぼ終わり。
へびに遭遇。
よく手入れされた園内をぐるり
東京は実に緑が多いのだ
     
飯田橋、カナルカフェ
「11時半からですー」
あら、まだ10時半だった。今日は早起きだったからね
では神楽坂まで散策

飯田橋から神楽坂   路地裏すてき

友人が常々入ってみたいと思っていた靴屋さん、
職人の手作りの靴「BOB'S FITMARKET」
あら、お値段そんなに高くない。のに素敵なデザイン
お店のお姉さんも気さくな楽しいひとでした
いいお店発見。
       
そこから脇路へ
    
飯田橋から神楽坂
雑貨屋「ラ・ロンダジル」
粋な一軒家。
靴を脱いでおじゃまする
厳選された品々。さすがです。
    
お昼は中華「五十番」か「龍公亭」まよってランチ飲み物付き千円の「龍公亭」へ。
ハイセンスな落ち着けるお店

えっと続きはまた

明日から仕事
めずらしく、久々に
「行きたくない…」
どうしよう
ったって行くしかないんだけど
どっか行きたくなってますぶーんとね

切り替えがだんだんへたくそになっていく

ハーブのお風呂入って汗流してガバリまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終日

最終日
ちゃんと計画しなかったからいけないんだけど、あたしの休みはなんとなく終わろうとしています
なんといっても洗面所の棚付けの失敗(涙)
貴重な二日間をかけて結局上手くいかなかった
買って3年も温めていた受け金具もつけてみたら気に入らなくて十分の一の値段の事務用買いなおしたりしたのに
さて、タオルはどこに置こう
計画練り直しです

写真は今朝収穫のトマトちゃん
トマトちゃんは応えてくれるなぁ。甘い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

もうてんでダメ!

今の時点でアウト

今年のペルセウス流星群

ぶ厚い雲が空一面

今年は月もないし、お盆休み中で夜更かしできるし

夏だから野外問題ないし

去年は養生中だったし来年は観測条件悪いらしい

ひとの楽しみ奪うなー!!!

おバカ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

THE SCHOOL OF ROCK

つい先日、ローカル線でみかけたひとりの男性

赤いパンツに黒いななめがけバッグ

年のころは。。。70年代に高校生だな

そのバッグには70年代往年のロックグループ

「yes」「Deep Purple」「Led Zeppelin」などのステッカーが。

なんかものすごく懐かしいもの見ちゃった気がする

そんなつながりかなぁ

今日はコレ

The School of Rock Music The School of Rock

販売元:Atlantic / Wea
発売日:2003/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

説明不要!(だよね?)

言わずと知れたエンターテイメント、スッキリ系映画の最高峰

ニセ教師が名門小学校の10歳の子供たちにロックさせちゃうお話

さっきのyes、Deep Purple、Led ZeppelinそれにACDC、Doors、Stevie Nicks

and more...

ギター、ギュイーンの数々

それをマジ小学生がやっちゃうわけ

この映画はミュージシャンでもある主人公ジャック・ブラックがただ

ロックを楽しんじゃってるだけなんだよね

そこがいい!

2003年製作、2004年公開

なーんも考えなくていい

イントゥ ザ ワイルドとはえらい違うな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルセウス。。。

まったく見れません

雲でおおわれ、風がなくなってしまいました

昼間あんなに吹いていたのに

大きな公園までシート持って行く気だったのに

まだあしたに期待

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ペルセウス」一日早いけど観測してみた

13日午前中が極大なので12日夜観測が一番よさそうなんですが

午前1時40分、ベランダへ

ん。。。

12時ごろは雲も少なくよかったんだけど

筋雲がどんどん広がって一面を覆ってしまった

だめです

残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤い丸

赤い丸
赤い丸
きのう出かけてる間に赤くなったトマト!
うぉ、ビックリだ
なんか見はぐった気分

食す

あま!
ちょっと皮固いけど理想のおいしさ!
実はまだ疑ってました、観賞用じゃないかって
だって高田馬場の駅構内の花やさんで同じような丈の低い苗売ってたんですよ
元々トマトは花の仲間として観賞用なんですってね。最初に食べたひとエライ
想像したんですもん、コレって赤いけどただ苦いんじゃないかって。
わーい、毎朝楽しみ

何かきのうから違うものを感じている今日の朝です

なんだか空も少し風が変わった気がするしね
今夜はペルセウス流星群見れるかな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イントゥ ザ ワイルド

大概映画を見ると眠れなくなる。眠れない映画ほど印象深い
いつ公開だったかなぁ
病院帰りに乗った山手線の中の広告がすべてこの映画の宣伝だったことがある
一人の青年のフィクションに基づくというには何か?を感じるものだった
監督はショーン・ペン
そして「蜘蛛女のキス」など一時期人気を誇ったウィリアム・ハートが父親役
続きはネタばれ

続きを読む "イントゥ ザ ワイルド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉祥寺、火曜はお休み

吉祥寺、火曜はお休み
   
pepacafeに行く前、以前紹介した八十八夜にいったら定休日
yukkaもお休み
写真の横尾は今日まで夏休みで明日から営業だって

吉祥寺へ遊びにいらっしゃる時は火曜日は避けたほうがいいかも

カフェサボールでいつものコーヒー豆、メランジェブランを買って
ここでお茶
安上がりだ〜

追記:この横尾さんのドアの中の幕は布に刺繍がしてあるものでした

    横尾さんらしさでにまっ^^としてしまいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pepacafe 井ノ頭公園 ⑯

pepacafe 井ノ頭公園
pepacafe 井ノ頭公園
pepacafe 井ノ頭公園
pepacafe 井ノ頭公園
pepacafe 井ノ頭公園
また病院帰り(笑)
持病、結局経過観察、何でもなかったー!
筋肉つけなさいって
おい、自分
何不安がっているんだ
危機感は感じてた
ジム行ったりプール行ったりしたけど中断しちゃった。筋肉貯金使っちゃったからね〜
ストレッチ本気で始めます
つい先日、ケーブルで「愛していると言ってくれ」全話一挙放送、見ちゃった
吉祥寺人気の火付け役ドラマ
ってことで今日は吉祥寺へ
来たのはもう数年前
いまやすっかり井ノ頭公園のかお
「pepacafe」
タイレストラン
まったくのオープンカフェ冷房ありません
蚊取り線香が必需品
それが実に南国ムードを盛り上げる
でもきのうかなり雨が降って公園が涼しくなったから心地よいのかもしれないけど
頼んだのはグリーンルームフェス以来のタイグリーンカレーランチ
コーヒーがついて1100円
さてこれからぐるっと公園お散歩でもして行きましょうか
ウォーキングね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンメンとぎょうざ

タンメンとぎょうざ
バテそうでした

きのうの食事、食べたようなそうでないような
家族がいないとやっぱり作らないね、ご飯
こりゃお腹いっぱい食べないとマズイと思いきって近所のラーメン屋さんへ!
ラーメンってひとりで食べるには恥ずかしいじゃない?家族はラーメン好きじゃないし。
冬だったかサッカーみた帰りに上の子と食べて以来。
食べたかったんだー
熱々のラーメンとぎょうざ
野菜いっぱいのタンメン
塩がおいしいところは少なくて、ここは子どもの頃から変わらない
胃袋が胃の形にふくれました(笑)

そのあと浴衣をとりに実家に寄って自家製スイカをごちそうに。
あまりにもみずみずしく、食べ過ぎました
そして家に帰ると実家から電話
「ぼたもちできたよー」
即もらいに。
ついでにビールもごちそうになって

今日は一日食べていました
たまにはそんな日もないとね

ただ今ベランダで夕涼み。ビール飲んじゃおうかな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アナログ生活

アナログ生活
アナログ生活

「eyes」 Orijinal Love
Playing なう
夏、似合うなぁ

 【中古】邦楽CD オリジナル・ラヴ / EYES(廃盤)

ほこりをかぶって出てきたテープも聞けるラジカセ
とりあえずCDは聞ける環境へ
そのラジカセの下はアナログテレビ
うちはケーブルテレビだから地デジは大丈夫
隣にあるのはレコードプレーヤー
そしてわたしのパソコンは壊れて無いときてる

ふむ。

どんどんアナログ化していく生活

住んでいる箱に影響を受けているとは思わないけど時代に逆行してしまっている今日この頃でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

団地な風景

団地な風景
団地な風景
団地な風景
寝汗
朝一でシャワー
今朝はいつもの儀式(掃除)に加えて拭き掃除追加!
汗だくです
またシャワー
朝から二回もシャワーあびました

なかなかだから観賞用かと思ったベランダのトマトくん、少し色づいてきました
我が団地、建て替える時は住民の希望を反映したそうでベランダはかなり広い
幅3M70、奥行き90
もとい!6m70!
家族の布団は一度にほせる。これだけでもこの団地が好きになる

今日はいい風だ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スターウイーク2010とペルセウス流星群

カーン!と晴れた青空

きのうは冷房の事務所にいるのがほんともったいないような一日でした

暑いのにわざわざ駅前の銀行へ行ってみたり

Mccafe カフェラテ買ってみたりして

「暑いな~♪」

なんて青空見上げながらの冷たいラテは極上

  

でもお気をつけください

ヤクルトママ情報では団地じゃお年寄りが倒れてますから!って

スポーツドリンクがやはりいいそうです

うすめてもいいそうです、甘みが強いからね

  

そして今日も晴天

  

ってことは夜空がものすごくきれいなんですよ

ゆうべはひさしぶりに星空満喫しました

  

もう始まっている『スターウイーク2010』8/1~8/7

左のサイドバーにリンクしてあるんですが

晴れた夜には星たちとふれあってみましょう!キャンペーンです

もうひとつ流星群

8/13日を極大にペルセウス座流星群がみられます

  

たまには上を見上げてみたり、なんてね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんず飴

あんず飴
あんず飴
あんず飴
お盆
地域によっては今日が送り
盆踊り
去年はベッドで音だけ聞いてちょっと哀しかったので今年は夕べ行ってみた。

あんず飴
箱ボードに釘を打った当たりくじでみごと二本ゲット
ふふふ
すきなものベストテンに入るあんず
ついてる
あとは焼き鳥と大判お好み焼き(丸い)とビールを買って帰宅

去年と比べて夏満喫なのである

幸運をかみしめたのだ

追記 * コレ、すももやん(笑) 
      すももも好きだけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »