« 半年ぶりの集会所 | トップページ | 金木犀と夏のなごり »

ゴッホ展国立新美術館

ゴッホ展新国立美術館

ゴッホ展新国立美術館ゴッホ展新国立美術館

ゴッホ展新国立美術館

今日は美容院の予約が朝9時半と早かったのでその後どこか行きたいなぁと。
天気も良かったのでね

没後120年「ゴッホ展」
こうして私はゴッホになった
六本木国立新美術館
   
初日は行列もできたらしいけど割合見やすかった。
ゴッホだけではなく、同時代、同時期の他の作家、ルソーやミレー、
パリ時代の時のロートレック、日本の浮世絵、そしてアルルで共同製作をした
ゴーギャンなどの作品も展示されていた。
共同制作の拠点となった「黄色い家」をTBSのドラマ美術スタッフが美大生らの
協力の元、実際に再現したコーナーなどもあった。
音声ガイドはゴッホが亡くなった37歳と同じ年齢のTBSアナウンサーの安積アナ
この音声ガイドの仕事は初めてだそう
そして6分ほどの映像によるゴッホの紹介コーナーでは椅子が用意され、
スムーズな場面展開。会場に入って真ん中ほどにあるこの映像を先にみてから
また入り口にもどり展示をみるのもゴッホのたどった軌跡がよくわかっていいらしい
今回は「ひまわり」など有名な作品はないけれどいろいろ趣向を凝らした展示に
なっている。
  
髪を切って軽くなった頭で久しぶりにみた油絵の数々、テレピン油が匂ってきそうで
ふっと何か忘れていたものがよみがえってきた。
こういう感覚があるから美術館巡りが楽しいのだ
それもアルルの時代まで
アルルでゴーギャンとうまくいっていなかったゴッホは自分の耳を切り落とす
という事件を起こす。
このことでゴーギャンもゴッホの元を去り、ゴッホも療養院に入ることに。
このあたりから私的には辛くなってきた
すでにアルルに移る前、ブログの一番上の写真の絵はがき中央、パリ時代に
描かれた肖像画「灰色のフェルト帽の自画像」でもすでに感じられるが、
ゴッホの危うさがどんどん絵の表現として浮き上がってくる
他の作家とは違うエネルギー
どうやら私には受け入れ難いエネルギーのようで、いつもの展覧会には
出口が近づくとUターンしてお気に入りをもう一度みたりするのだけれど、
今日は早々に出てきてしまった。

私の容量不足のようだ
ハガキを何点か買って会場を後にした。

    

        

この後はお気に入りエリア、六本木ミッドタウンへ
ここの「とらや」さん、ギャラリーコーナーがあって素敵なんです。
「羊羮のたのしみ展」やってます。
ファッションデザイナーやイラストレーターがデザインした羊羮
新しい感じです
オリジナルバッグも置いてあって、すてきなデザインです
しおりや風呂敷など外国の方が喜びそうなものもあります
センスの良さを感じます

      

今日はいっぺんに受け入れすぎ。少々容量オーバーだったかも
でも芸術の秋、満足です

|

« 半年ぶりの集会所 | トップページ | 金木犀と夏のなごり »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴッホ展国立新美術館:

« 半年ぶりの集会所 | トップページ | 金木犀と夏のなごり »