« 覚書12・1 2 | トップページ | 事はじめ »

あたらしいふつう

今朝は母がお赤飯を炊いてくれました

もどります

今日からあたらしいふつうが始まります

 

 

環境を変えて

細胞が再生したんではなかろうか。

別に何もしなかったしできなかった

けれど

すっかり心身メンテナンスはできたと思える

今となってみると。

娘、母親、姉、叔母。。。

実にいろんな人の気持ち、立場になれて

広角レンズを携えたような気分だ

これからはもっと気持ちの余裕がもてるんだろうな

 

さて、自分磨きはこれからだ

 

|

« 覚書12・1 2 | トップページ | 事はじめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あたらしいふつう:

« 覚書12・1 2 | トップページ | 事はじめ »