« 願・72、73.74 | トップページ | 願・75 »

英国王のスピーチ


     
コリン・ファースの声
いい。

前作の「シングルマン」でも繊細な役所を見事に演じていたけど
今回も吃音症に悩む、後に王となるヨーク公の難しい心の表現を
彼ならではの繊細さで表していた
何かセンチメンタルがある役者

吃音を直す治療師ローグは平民
ヨーク公の手縫いであろう仕立ての良い服
その平民と後に国王となるヨーク公の服の質の違いが画面で見てとれる
第二次世界大戦の前後のこの映画
その当時のイギリスをうかがうことができる


事実に基づいたこの映画
映画でまたひとつ、史実を知った。

|

« 願・72、73.74 | トップページ | 願・75 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国王のスピーチ:

« 願・72、73.74 | トップページ | 願・75 »