« 休みはカイロへ | トップページ | お皿にのりきらなくなってきた »

チョークがなぞったうつわの肌

1367336911951.jpg  村木律夫

けんちん汁

ほうれん草は私が食べたかったから入れた。

久々にご飯炊いてねぎとろ丼と。

鍋いっぱいに作ったのに今夜はみな帰って来たから

あっという間に鍋の底が見えてしまった

どんぶりは新顔

作家さんは割と若くして亡くなってしまっていて遺作だそうだ

顔料をチョークのようにし描きなでた柄がつるっとして見えるうつわの肌に

あたたかみを添えている

青いチョークの深皿もすてきだったけどどんぶりが欲しかったのだ

私は少し洋物の顔をしたうつわが好きだ

|

« 休みはカイロへ | トップページ | お皿にのりきらなくなってきた »

食べる」カテゴリの記事

うつわ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョークがなぞったうつわの肌:

« 休みはカイロへ | トップページ | お皿にのりきらなくなってきた »