« 小城羊羹 | トップページ | 炭酸水-36 無印ブラッドオレンジ »

『フランシス・ベーコン』

 

ネットなんてまだ普及していない頃

大江健三郎さんが何かでフランシス・ベーコンの絵のことを熱く語っていて

はて、ベーコンとはどんな絵をかく人?

見てみたくて探っていたら伊東市の池田20世紀美術館に1点

「椅子から立ち上がる男」があることを知った

でも見に行くこともなく時が過ぎ

初めてベーコンの絵を目にしたのはMOMA展

1369314071852.jpg

それ以来だからもう10年近く

いや違う、20年近く!

世の中もだいぶ変化しやっとベーコンが

日の目を見る時代がやってきた

正直驚き。

 

絵がガラスに覆われている

そのガラスに自分が映りこむ

描かれている大きく口を開けた主人公と重なり合う

一瞬恥ずかしさに覆われるのだがじっと立っていると

自分の中にもあるその叫びが体の中からでてくるような錯覚

ずっと気になっていたのはこれなのかと実際に絵の前に立ってみて

はじめてわかったような気がする

なんでも現実を前にしないとわからないことはよくあることだ

 

『フランシス・ベーコン』展

東京国立近代美術館は今週末5月26日まで

開館時間:午前10時 –午後5時(金曜日は午後8時まで)

※入館は閉館の30分前まで

その後豊田市美術館へ

 

|

« 小城羊羹 | トップページ | 炭酸水-36 無印ブラッドオレンジ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

わー、この人気になってたんですよー。
いいなぁ。
見てみたいです。

投稿: M | 2013年5月25日 (土) 19:44

展覧会構成がとてもよかったです
愛を感じました
次は愛知県豊橋市ですぜ(=゚ω゚)ノ 

投稿: あまの | 2013年5月26日 (日) 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『フランシス・ベーコン』:

« 小城羊羹 | トップページ | 炭酸水-36 無印ブラッドオレンジ »