« 渋谷を食べる | トップページ | 一年があっというま »

わらしべ長者

鳥と大根の胡麻油炒め


お客様に畑から抜いたばかりの立派な大根を頂きました。2本も。
小さなスーパーの袋に入れて葉っぱを広げながら踏切の遮断機を開くのを待っていたら、隣に居たおばさまが「コレ、あげるわ」と大きなレジ袋を私に。
まあ!あら!とか言いながら踏切を渡ったところで「1本お持ちになりませんか?大根」と私。「そんな。わらしべ長者みたいなこと(笑)」と恐縮されてたんですが、こんな立派な大根、2本も1人で食べきれません(笑)と私。
1本の踏切を渡るちょっとの時間のやりとりに女性ならではの互いの見事なコミュニケーション能力に自分で笑ってしまった(笑)
こんなことがあるから日々人とのやりとりに希望を抱くんですよね。楽しいんですよね。
もちろんとっても悲しかったり腹が立ったり思い出したくないこともあります。
相性もあるだろうしタイミングもある。
でも私は人が好きです。
出会った人とのやりとりは思い出でもあるし私の記録です。
消える事はありません。

なんて、出会いについて思いを巡らす一瞬の出来事でした。



ちょっとセクシーな大根さんです

 

 

あ、そうだ。
先週末は友人に頂いたお土産を洗濯物干してた隣のおばあちゃんにベランダ越しにおすそ分けしたらきゅうりのぬか漬けと沢庵を頂いたんだった。
私こそわらしべ長者でした(笑)

 

 

 

|

« 渋谷を食べる | トップページ | 一年があっというま »

食べる」カテゴリの記事

たのしいこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わらしべ長者:

« 渋谷を食べる | トップページ | 一年があっというま »