映画・テレビ

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密

『誰も想像しなかったような人物が、だれも想像しなかった仕事をやってのける』

 

 
   
今、誰もが手にしているスマートフォン
現代のコンピューターの発想の元はこの映画の実在の人物である
アラン・チューリングによるもの
なのに英国政府は第二次世界大戦後50年以上、このことを隠し続けてきた
それはなぜか。。。
事実を史実とともに描いた作品
『イミテーション・ゲーム』
 
 
主演ベネディクト・カンバーバッチはインタビューの中で
「個人個人の違いを尊重すること、差別して恐れるよりも共通点を探すことを学ぶべきだ」
と言っている。  
 
 
 
ネタバレ注意 ↓
 
 
 

続きを読む "イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『東京R不動産』 カンブリア宮殿






東京に越してくる前、



そう、もう9年前(odoroki!!)


いや、向こうにいた時からだから


のぞきはじめてゆうに10年は経っている


『東京R不動産』


今だからこそリノベーションとか中古住み替えとか


主流になっているけど


不動産で検索していてぐっときたのはここだった


名前からしてよかったのだ




つい先日テレビ放送があったことをせっかく教えてもらったのに


忘れてしまった。。


放送局サイトに少しあがっているのでお知らせまで
























| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターステラ







「インターステラ」


まだ公開中(今月半ばぐらいまでのようだけど)なので


あまり言えないけど、宇宙に物理に意識に興味ある方には観てもらいたい




一年前は「ゼロ・グラビティ」を劇場に観に行った


もちろんIMAXシアターで。


どちらの作品も宇宙を題材にして人間の可能性を描いたものになっているけど


「インターステラ」は遠くない地球の未来を示唆しつつさらにその先まで描こうとしている


そこで必要になってくるのが『物理』


重力、ブラックホールなどという言葉はよく耳にするけど


「時空間」をより理解しているともっとこの映画を楽しめるんだろうな


でも主演のマシュー・マコノヒーの映画全編を通しての「温もり」が


この映画をひとつにしているのでヒューマンストーリーとしても


見応え十分


とにかく脚本が秀逸でよく映像として表現しているなと。


感動を言葉にしたいけどまだ言えないね 


劇場で観ていただきたい!




じき終了です














帰り道、輝く月も
違って見えた













| | コメント (0) | トラックバック (0)

  「ゾディアック」


  「人生の特等席」

 

台風の雨風に家の中でじっとする一日

映画二本

 

テレビつけたらちらっと画面に映ったのがアイアンマンのロバート・ダウニー・Jr

娘が今までに何度も連呼するもんだから覚えた顔

で、そのまま見ちゃった

2007年公開 「ゾディアック」

主役はブロークバックマウンテンのジェイク・ジレンホール

1960年代から始まって時系列順に話が進んでいく

出てくる車やファッション、建物の時代考証がよかった

見終わってみると地味ながら実話をよく練り上げられた作品

でもただ見てるだけでは面白みが感じられないかも。

自分で感じて考えないとストーリーが見えてこない

小説を読んでいるようかもしれない

おもしろかったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳男

  
 
終わりが始まりみたいだ!
 
 
 
ネタばれ続き↓

続きを読む "脳男"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有楽町から丸の内

 

国際フォーラムで大江戸骨董市
 
 
 
お誘いをうけて有楽町の角川シネマ、初めて行きました
見たのは
『ラストベガス』
ひさびさに映画らしい映画って言ったら変かな、
ロバート・デニーロ、マイケル・ダグラス、モーガン・フリーマン、ケビン・クライン
御御所勢揃いのヒューマンドラマ
これだけのメンツですからさすがに脚本はものすごく練られていて
いくつものストーリーがうまい具合に絡み合ってほろりさせられたり笑ったり。
 
と、時間切れ。
またあとで。。。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャーロック・ホームズ

17日に山手線の駅広告をパチリ
 
   

NHK BSプレミアム
シャーロック・ホームズ
今夜

カンバーバッチ

始まるんです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さよならケーキとふしぎなランプ』は吉祥寺

うかつにも涙、じわ。。

両隣に誰もいなかったから涙流し放題w
 
↓以下HPより
 
『本作は「吉祥寺で映画を撮ろう!」プロジェクトの第4弾。吉祥寺を愛し、吉祥寺の発展を願うスタッフや協力者が集まり、地元・吉祥寺に密着した映画製作から劇場公開までを一貫してプロデュースするプロジェクトの最新作となります。これまで、吉祥寺バウスシアターでも過去3作品が上映されるなど、まさに地元・吉祥寺で生まれ育ってきた映画シリーズと言えます』
 

 全体的には少々荒いかなとも思われるんですが、吉祥寺のぽわんとした温かみが

映画のストーリーと相まって思わずぐっとくる映画でありました

ミュージシャンの堂島孝平さんの初の俳優作品

役柄がピタッとあっていてこの作品の持ち味になっていました

WAHAHA本舗の梅垣義明さんがきゅっと作品を締めてました

公開は終わってしまったのですがどこかでチャンスがあったら見てください

 

似た映画で大林宣彦監督の「異人たちとの夏」

こちらも心の奥の切ない部分にぐいぐい入り込んでくる映画

切なさでは郡を抜く映画です

私は号泣w

風間杜夫さんは最近ソフトバンクの犬のお父さんに

「体内脂肪w」って言ってる人です

蒲田行進曲の銀ちゃんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

oisixの実店舗

 
小松菜。
吉祥寺駅ビルアトレ地下にoisixの実店舗ができていてふらり入ってみたら
普段使っている調味料などが。
葉物が葉物専用冷蔵室に置いてあって温度管理されていました
試食として生の小松菜のポン酢あえがおいてあってつまんでみたら
あら、おいし。
甘いのよ、シャキシャキして。
生、いいわ、これ。
デリコーナーもあってイートインOK
お弁当も売っていました
宅配安心野菜が手軽に実店舗で。
気軽に試してみるのもいいかも

 
みなさんご存知のHARBSのケーキ
お高いのよね
でもなんで買ってしまったかというと
映画『さよならケーキとふしぎなランプ』
ミュージシャンの堂島孝平さんが出演の映画を見終わって
とーってもケーキが食べたくなってしまっていたところへ
駅ビル地下の洋服屋さんの中に忽然とあらわれたケーキ屋さんがHARBS
いやァ、おいしかった
映画についてはまたあとで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Covers  -田島貴男-  再放送は 

ゆうべのテレビ放送、The Covers  -田島貴男- 

     
かっこよすぎて朝起きても脳内
「ああァ~ああァ~♪・・・」
ですよ(笑)
完璧なストリングスではないらしいですが
ペット2本入る濃厚昭和歌謡ショー
最高でした
ほんと歌がすばらしいお方
歌詞への造詣も深く、歌詞の意味を歌い上げます
 
見損ねたあなた
大丈夫、再放送があります
お友達が教えてくれました
 
NHK BSプレミアム The Covers  -田島貴男- 
再放送 6月7日(土)午後10時30分~午後11時00分
 
見てね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧