田島貴男

酸味と深みと苦味



毎年恒例。
勝手におめでとうケーキ
ショコラフランボワーズは
それはそれは濃厚で。
酸味と深みと苦味
そしてそれを包み込む甘さ
年齢を重ねた彼の方のようでございます

お誕生日
おめでとうございます㊗️






| | コメント (0) | トラックバック (0)

いただいたお菓子で

みなさまからのお菓子 
いつもありがとうございます
いただきながらツアーを振り返っています

オリジナル・ラブ25周年アニバーサリー・ツアー

追加の盛岡を入れて全8箇所
ツアーのアンコールのようだったサッポロもゆうべ大盛況のうちに終了
これで本当にツアーが終わった

いつも選曲にはワクワクさせられるけど
雄叫びから始まって
「夜をぶっ飛ばせ」
いきなりエンジン全開
会場のうねりがいつもと違う
ペトロールズの長岡くんの会場を眺める見開いた目が忘れられない
今回ギターは長岡くんということもあって身構えていたけど最初からスピード感半端ない。
今回の目玉はアコースティックコーナー
田島さん、真城さん、長岡くんの三人による
「夢を見る人」
泣くね、これ。
長岡くんのギターが際立つ一曲
そして全体を通して田島さんが10代からのつきあいの真城さんとの掛け合いも
ファンとしてはがっつり胸つかまれました
そして
Let's Go! The Rover Jumpin' Jack Jive
御三家定番跳ばされる曲
そして〆はR&R

どんだけ跳ばせるんだw

 

25年という時間の流れ 

変わらない変わる音楽を聞き続けてこられたことを今とても幸せに思う

 
 
 
 
 
 
オリジナル・ラブ25周年アニバーサリー・ツアー
 
夜をぶっとばせ
DEEP FRENCH KISS
灼熱
ラヴァーマン
サンシャインロマンス
朝日のあたる道 in a tuxedo
Words of Love
こどものなみだ
プライマル
夢を見る人
Good Morning Gppd Morning
ヴィーナス
月の裏で会いましょう
クレイジアバウチュ
接吻 kiss
フリーライド
Let's Go!
Two Vibrations
The Rover
 
en1
ゴールデンタイム
Jumpin' Jack Jive
希望のバネ
 
en2
R&R
 
en3
Orange Mechanic Suicide          (一部会場で )
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡を食べる

追記しました。    

福岡空港についてそのままこちらへ ごぼ天肉うどん。ななめそぎ切りにしたごぼうの天ぷら。

お店によってごぼうの天ぷらの仕方がちがって、千切りのごぼうをあげたり、丸いかきあげになっていたり。

甘く味付けしたお肉が出汁に広がってまた違う味わい。

初めて食べた福岡のうどん「かろのうろん」とは違う味わいでした。

福岡のうどんはやわらく、どんどん出汁を吸うのでお出汁の入った小さいヤカンがついいてきます。

かしわ飯とのセットがおすすめらしいのですが、うどん一杯でお腹ぱんぱん。

 

〆のとんこつラーメン。バリ固で。

 佐賀のぱん屋さんのw

糸島でランチ。

糸島野菜に糸島豚。甘くて美味しかった!

 

初めてひとりで福岡に来たのが2014年。

そのときに食べたのが三日月のクロワッサン

もう2年半も経つのかと思い出買いw 

 
 
 
 
 
  

感想その他は追いつかずw
そのうち追記します
 
ま、自分の備忘録なので。
 
 





| | コメント (2) | トラックバック (0)

花巻・盛岡を食べる

追記しました。7/23

東京駅、スタンドバイトーキョーの猿田彦珈琲
東京駅の新幹線の南のりかえ口前でいつも買う珈琲

盛岡駅構内のイワテテトテトにある岩手山の麓、雫石町にある牧場直営のジェラート屋さん「松ぼっくり」のジェラート
とてもさっぱりとして口残りのよいジェラートでした
盛岡ご当地じゃじゃ麺(ゆでたうどんにきゅうり、ねぎ、秘伝の味噌)
食べ終わる前に少しうどんを残して生卵投入。かき混ぜる。そしておばちゃんに熱々スープをかけてもらってラー油、にんにく、酢、生姜などお好みで食べる、それが上の写真の「ちいたんたん」
味ががらっと変わるのでびっくり!これは薬味の配合変えてまた食べたい!

盛岡岩手県公会堂すぐ近く
BGMはビートルズが流れるレトロなお店
こんなビッグなグラスに入ってきたのは「ティーソーダ」
なんだかメニューがおもしろかったw
最後の一個だった「福田パン」こっぺぱん
ラップで手巻きな感じが好きです
新幹線の中ではまたもやじゃじゃご飯弁当
私、好きなんだな、じゃあじゃあ w
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・名古屋を食べる











 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台を食べる

 



東京駅 つきじ喜代村



 



いただきもの 貴まります!



 



仙台駅 ずんだシェイク



 



帰り 女将のおもてなし弁当



 


 




 


オリジナル・ラブ 「25周年 アニバーサリー・ツアー」




いよいよ始まりました


今年は北の地仙台から始まり


最終は沖縄   ←確かに今年の最終は沖縄だけどアニバーサリー・ツアー最終は福岡です
                                      ゴメンナサイ






 

次のひとりソウルも決まってます



 

続きを読む "仙台を食べる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハピバ





今年も勝手にお祝いw
おめでとうごさいます



| | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場を食べる(飲む)




新しい試みってどんな思いつきから始まるのだろう
この日までのワクワクそしてドキドキ
世代の違う聞き応えのある3組を1度に聞けるってそうそうない。


2016・4・15日
Zepp DiverCity(Tokyo)
ORIGINAL LOVE presents 「Love Jam」

cero
ペトロールズ
ORIGINAL LOVE


主催がORIGINAL LOVE なので会場の平均年齢は高いw
若い2組は静かに熱く
そしてORIGINAL LOVEはストレートに熱く
でも1番元気なのは田島さんと同世代のファンだったようだ

同じ土俵でそれぞれのバンドをこんなにドキドキと楽しめたのは貴重な体験だった

このために作ったというステージバックに掲げたフラッグ
綺麗に保存していただいて、また広げることを楽しみに待ちたいと思う






| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ROOT 66 -DON'T TRUST OVER 50-」

私の部屋の入り口に貼ってある3枚のチラシ
1枚はつい先ほど大阪城満開の桜の中の同窓会は終わったようです
 
 
50歳
人生では次のステージに入るお年頃
そんな時を個性の強い(強すぎるw)ミュージシャンが
同じ気持ちで過ごせたことはとても幸せなことですよね
丙午という特別なくくりが起こしたマジック
そこに参加できて楽しかったな
 
 
仙台、東京、大阪
私が今回ン十年ぶり行った日本武道館
アリーナ席は初めてです
こんな感じだったのかとちょっと青春思い出し目がキラキラw
(初武道館はなんとKISSだからねw)
 
両サイドにスクリーンもありましたが
出演者の顔が肉眼でなんとか確認できました
 
案外田島さんの出番が早く、ドキドキ
 
「接吻」
 
塩谷哲さんによるピアノ伴奏が
今まで聞いた接吻とまた違った印象に
武道館の中にどよめきと感嘆のため息
こんな風にこの曲を聞けるとは思いませんでした
この曲はこれだけの会場を包み込める曲なんだと
あらためて感じることができました
「武道館 ベイベー!」と田島さん
どや!!って気分でしたw
 
出番はなんと誕生日順だったんですって
 
そして私的のつぼはなんてったって
ソウル・フラワー・ユニオンの中川敦さんと吉井和哉さん、そして
田島貴男によるDavied Bowieの"Changes"
 
変わるんだ
向き合え 
 
以前Davied Bowieを見て変化していいんだと思った
というようなことを言っていた(スミマセンアイマイデ)田島さん
そんな田島さんによる武道館でのChanges
涙ものでした
 
 
50歳
オーケンさんが言うところの「初老」w
戦争を知らない子供たちや
アンコールにYOUNG MANなんかやっちゃうところに 
みなさんいい意味で丸くなったのかしらね
でも
くどい!って(笑)
年取るとくどくなるって(笑)
 
 
丙午にこれだけのミュージシャンがいたという事実
星回りというものに何か力を感じたイベントでした
 
 
あー、楽しかった^^
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本武道館を食べる

 
韓国料理のお店へ
豚バラ肉の鉄板焼き
薬味にごま油と味噌ときなこつき
 
    千鳥ヶ淵から武道館をのぞむ

 まだ三分咲き。いや二分かなW
 でもボートの花が
 
 
 
 
3月最後の週末
開花予想では今週末が見ごろだったはすが冷え込みにより
花はまだまだ
でも武道館の3時間半、熱かった!
 
「ROOT 66 -DON'T TRUST OVER 50-」
 
丙午(1966)生まれのアーティストが一堂に会し熱い一夜を


 
 
 
来週は大坂です
なので感想はまたのちほど
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧