うつわ

kaikai kiki 

 
 
 
 
 
たった二日間だけ開かれた名だたるギャラリー10軒のイベント
会場に入っただけで空気感が伝わる
イベントのタイトルは
 
『gallery's eye 選ぶ力』 
 
 
 
gallery yamahon
DEE'S HALL
Jikonka Tokyo
うつわ楓
feel art zero
さる山
季の雲
うつわノート
Oz Zingaro
 
 
それぞれのギャラリーの方が選んだ作品が並んでいるんです
土器典美さんの「DEE'S HALL」にあった鉄を素材にしたBOOK仕立ての作品は小品ながらとても存在感のあるものでした
あと、私の好きな作家さんの作品を置いている
川越の「うつわノート」さんも会場の畳あがった一番奥に。
他のギャラリーさんでは時折おじゃまするお店でお見かけする作家さんの作品を見つけたりと。
 
会場入り口には桜と梅の大枝が活けてありました
 
 
とても濃いのに清々しい空間のすばらしいイベントでした
 
 
 
『選ぶ力』 
 
 
これはこうやっていいものに出会える機会に
ちゃんと目にすることだなと思いました
 
友人に感謝
 
 
 
 
 
 
 
 
会場近くの有栖川公園
清流が流れ、水草のしつらいに潤います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗久の弁当箱(大)

1378956999104.jpg

 

なんと、なんとびっくり!

天変地異が起きなきゃいいんだけど

今日のお弁当は突然下の子が作ってくれた

ご飯はマスタードシードとしょうがの千切りを入れて炊いたジンジャーライス

作ったのは中学生の時以来という厚焼き玉子

茄子のおかか炒め

焼きそば

トマト

ひゃー、おいしかった!

ビックリした

 

お弁当箱、とうとう手に入れましたよ栗久の曲げわっぱ

慶弔のお返しのカタログから選びました^^

ご飯がおいしかったー!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チョークがなぞったうつわの肌

1367336911951.jpg  村木律夫

けんちん汁

ほうれん草は私が食べたかったから入れた。

久々にご飯炊いてねぎとろ丼と。

鍋いっぱいに作ったのに今夜はみな帰って来たから

あっという間に鍋の底が見えてしまった

どんぶりは新顔

作家さんは割と若くして亡くなってしまっていて遺作だそうだ

顔料をチョークのようにし描きなでた柄がつるっとして見えるうつわの肌に

あたたかみを添えている

青いチョークの深皿もすてきだったけどどんぶりが欲しかったのだ

私は少し洋物の顔をしたうつわが好きだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巳亦敬一さん「着せる」 不透明な色合いのガラス

1336995611840.jpg  

巳亦敬一さんの不透明な色合いのガラス

溶けたガラスを重ねモールを施してある。

「着せる」というのだそう

 

今年の夏はビールがすすみそう

1337236017787.jpg というわけで夏待てずに いただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うつわ

1335441666045.jpg

ひとめぼれ

小野寺友子さんのうつわ

大きいうつわには今夜 厚揚げと大根の煮物が 入りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)